teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


議員さんはテストいらないの?

 投稿者:KEN-SUN  投稿日:2013年10月25日(金)10時00分22秒
   日本では大事な職種については大体難しいテストが実施され、その職種に適しているかどうかが判定される。弁護士、医者などがその顕著な例である。彼らはすごく困難な関門を突破しなければ、その職種につくことができないのである。
 大事な職業といえば行政を担う議員さんも日本、または地域にとって大事な職業である。彼らにとっては選挙で当選することが関門であるが、彼らは日本の行政等のシステムについてどれくらい知識があり、現状を理解しているのだろうか。テスト等で確認しているのだろうか。やっているのならぜひ選挙時に結果が知りたい。それは選出の重要な要素となる。演説でどれだけいいコトを言っもその人がシステムをきちんと把握していなければただの実現不可能な空論となり、いわば詐欺となる。後からばれるよりは先に無知をばらしておいたほうが良いと思う。
 それでも当選すればあんたはすごい。

 
 

○ー語は無駄かどうか

 投稿者:KEN-SUN  投稿日:2013年10月25日(金)09時58分23秒
   最近、あるタレントさんが日本語と英語の混ざった独自の言語を使用している。それは「~語と」、独立した言語にさえなろうとしている。この言語、聞いている側としてはどうなのだろうか。まず日本人、すなわち私たちがそれを聞いたとき、英語の知識がある人たちにとっては同じコトを即座に二回言われているように聞こえ、二言語使用を乱用するためどこに重点を置いているのかがわからない。そして、そこで使われている英単語の意味がわからない人にとっては、話の半分は意味がわからない。これは外国人にとっても同様であろう。彼の言語が日本よりな点を考慮すると、むしろ私たちよりも彼の話を理解しにくいと思われる。つまり、日本語と英語、どちらの側からも、彼の言おうとしていることは難解だということである。
 これは可哀想ではあるが、彼の徒労を証明するものである。同じコトを言語を変えて二回いうものの、彼の本意は彼の思う半分も伝わっていないということである。これがなければ彼はもっといろんな話ができるだろうに。
 しかし私たちがまだ救われているのは、彼が同時使用を二ヶ国語で止めてくれていることである。

 

朝まで生討論じゃー?

 投稿者:NAO-TINN  投稿日:2013年10月25日(金)09時56分14秒
編集済
   テレビでよくやってる朝まで生討論。コメンテーターはいつもガキの喧嘩みたいなことをやっている。たまに出てくる一般参加の方々、現場の声を聞かせてくれる。そんな現場の声を聞いても、コメンテーターは己の意見の正当性重視で、とにかくマシンガンのごとく喋りまくる。完全に討論の目的を忘れている。
 ある番組で、平和についての討論をやっていた。その中で、あるコメンテーターが発言した後、有り得ないくらいのトークバトルが勃発!正直、この番組を観ている誰が平和についての討論であると感じるのだろうか?と思うような内容であった。今私がこうしてつまらない話を書いているが、この内容に関してF@@kと思われる方もおられるだろう。私は自分の考えを人に押し付けるつもりはないので、こんなワシをばかだなと思われるのであれば、どうぞそう思ってください。ただ、ワシがいいたかったのは、評論家の方々、いろんなことを批判していますが、実際あなたは方は現在取り上げられている問題をあなた方の机上の考え方でよい方向に持ってけるのですか?・・・ちゅーコトです。

 

時間は止まらない?

 投稿者:KEN-SUN  投稿日:2013年10月25日(金)09時52分55秒
   漫画なんかで、周囲の時間が止まってその人だけが活動できる、といった話を読んだことがありますが、今思うとこの類の話は無理があります。その人が動くということは、その人の周りの空気、その人が踏んでいる地面なども時間を伴った物理的な変化を必要とするからです。時間が止まっているという条件の下では、空間的変化は起こりえないのではないかということです。そして、周囲の空気が移動できないとなると、その人は動くことができないのではないでしょうか。呼吸もできないんじゃないでしょうか。そんなときに意識だけがあったりしたらキツイですね。  

知らない人いると思う

 投稿者:KEN-SUN  投稿日:2013年10月25日(金)09時51分55秒
   国会ではいろんなことが決まってます。新しい制度ができたり、憲法が変わったりもしてます。私は大体TVからそれらを知ります。でも、テレビ見ない人はどうするのでしょうか。新聞も読まない人(私も読みませんが)はどうするのでしょうか。場所によっては公共の放送機関を持っていたりしますが、そういったものもないところではどうするのでしょうか。私たちは憲法や制度に従う義務がありますが、それを知らなければできません。国民全員にそれらを知らせる義務、国にあるんじゃないかと思います。
 

現代病

 投稿者:KEN-SUN  投稿日:2013年10月25日(金)09時50分44秒
   最近部屋の模様替えをし、壁面のコンセントから電化製品が遠くなったため、延長コードを使うことにした。しかし、設置してみると…惜しい!あと10センチ短ければ理想のポジションに差込口が来るのに…。だが巻き取り式の延長コードにしたら大きくて邪魔、そして美観も損ねてしまう。コードを切ってつなぐのは安全に欠ける。そんな時、ふと思ってしまった、「10センチ単位で延長コード売り出してくれたらなあ…」と。
 現代日本の生活水準の高さから来る「贅沢病」である。

 

あきらめるエアコン

 投稿者:KEN-SUN  投稿日:2013年10月25日(金)09時49分5秒
   私の実家の和室にあるエアコンはちょっと根性が足りない。蒸し暑い夏のある日、「ピッ」とエアコンの運転ボタンを押すと電源ランプが点滅し始め、なかなか心地よい冷風が送られてこない。いらいらしながらもしばらく待つと、今度は表示部に「E」、すなわちエラーのマークが表示された。なんと湿度に負け、起動を諦めてしまったのである。空調できないエアコンは一体何のためにそこにあるのだろうか。

 

時間と空間

 投稿者:KEN-SUN  投稿日:2013年10月25日(金)09時47分47秒
   昔、大学に通っていたころ、ある哲学の先生が、「時間と空間はどちらが先行して存在するか」という感じの話をしていました。その先生曰く、それをまじめに考え出すと食事もままならないそうです。確かに非常に興味深いテーマで、考え出すときりがない。ただ、考えているうちに目の前の味噌汁は冷めていくのです。
 

指卓球

 投稿者:NAO-TINN(KEN-SUN)  投稿日:2013年10月25日(金)09時45分45秒
   NAO-TINNゲーム第2弾は「指卓球」。用意するものは適当な台、ピンポンだま、ネット代わりの何か。基本的なルールは卓球と同じですが、指卓 球は団体戦で、親指、人差し指…の計5人の出場順を先に決めておき、決めた順番で、その指のみで玉を打ち合うゲームだそうです。よって、(人にもよりますが)人差し指対薬指の場合などは断然人差し指有利です。出場順を途中で変えられないよう、紙に書くかジャッジの人に伝えておきましょ う。また、裏技もあり、ゲーム中一回だけ、隣の家庭(使ってないほうの手)が一家で助けに来てくれます。要するに、一回だけ使ってないほうの手のひらで打ってもよいということです。さらに、あまりに点差が開いた場合、ジャッジの人が一回だけ負けたほうを助けてもいいそうです。ジャッジは慎重に選びましょう。…という指卓球、私もやったことありません。  

パスミーゲーム

 投稿者:NAO-TINN  投稿日:2013年10月25日(金)09時43分28秒
   NAO-TINNがすごいゲームを考えた。その名も「パスミーゲーム」。パスミーゲームは突然始まってしまう。誰かが「パスミー!」と一言叫んだならば、言われた人は言った人に何かをパスしなければならない。風呂でのんびりつかっているときに言われたりしたらたまらない。しかし、パスミーゲームは絶対である。知恵を絞ってなにかをパスしなければならない。そんなパスミーゲームではあるが、「ノリ」の少ない相手とではゲームが始まらないので注意が必要だ。そして、鏡の中の自分とやるときは悲しくてないてしまいそうなのをグッと我慢する覚悟が必要だ。

 

レンタル掲示板
/6