teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:K2  投稿日:2006年11月 7日(火)22時05分20秒
  管理人さん、お久しぶりです。更新楽しみにしており、
ちょくちょく覗かせて頂いております。
“坂で見る麻布”も、残すところ僅かですが、
“玄碩坂”が、非常に楽しみです。
しかし、現存している坂ではないので、写真は難しいかも知れないですね。
“六本木六丁目残影”の写真集をここで知り、購入しました。
非常に懐かしく、思い出深い風景の連続で、とても感動しました。

難しいテーマだとは思いますが、是非頑張ってください。
楽しみにしております。
 
 

>鬼子母神

 投稿者:クラーク  投稿日:2006年11月 7日(火)06時48分28秒
  いろいろ古いアルバムを探してみましたが、これはという写真が見つかりませんでした・・。
申訳ありません。  さらに、いろいろ探してみます。

小生が子供の頃は、鬼子母神の境内は、ちょっとした公園になっていて、ブランコやジャングルで遊んだり、縁日以外の日にも、ときおり紙芝居屋さんも来ていましたので、水飴やソース煎餅を頬張りながら紙芝居を見るのが本当に楽しみでした・・。

霞町は、山の手とも下町ともつかない・・本当に、何とも、不思議な魅力のある町でしたですね・・。
 

鬼子母神

 投稿者:宮村霞(管理人)メール  投稿日:2006年10月31日(火)22時31分48秒
  鬼子母神は年代的に私は知りません。記事は下にあります。
http://azabusaiken.ttcbn.net/jisha/kishimojin.html

どうやらクラーク様は私より大分先輩のようですね。鬼子母神の縁日、写真などお持ちではないでしょうか?もしあれば、記事に追記して載せたいですねえ。

縁日といえば、昔麻布十番は夏の納涼祭り以外にも毎月縁日をやっていましたね。いつの間にか色々なものがなくなっていきますね。

http://azabusaiken.ttcbn.net/

 

縁日

 投稿者:クラーク  投稿日:2006年10月25日(水)17時08分13秒
  六本木通りと言えば、小生が子供の頃は、今の渋谷行き都バスの「西麻布」停留所のあたりに「鬼子母神」があって、8の日には、その境内で縁日が開かれ、商店街も特売日で大盛況だったのを思い出します。

縁日では、金魚スクイ、綿アメ、べっこアメ等々、いろいろな屋台が出ましたが、小生の大好物は、断然、ソースせんべいでした。

管理人様や皆様は、鬼子母神の縁日へは行かれましたか・・?
 

>地域内移動

 投稿者:クラーク  投稿日:2006年10月14日(土)00時13分3秒
  戸塚さん、そうなんです!!
小生、六本木通りの都電が廃止されて道幅が拡がり、地下鉄・高速道路が出来る頃まで、あの商店街のド真ん中で育ちましたので、よく覚えていますが、戸塚さんは、今のメンテルスのもう少し霞町交差点寄りの通り沿いで「お菓子とパン」の店、墓地下通りに入った所で「野菜・果物」をやっておられ、お店の裏へ入ると奥でつながっていましたですね。(もとより、このような裏へは我々商店街のガキどもしか入れてもらえませんでしたが・・。)

伊藤文房具屋さんも、当時は、この六本木通り沿いにありました。

霞町の交差点付近は、三河屋さんとウメムラさんの二軒の肉屋さんとか、吉田さんというもう一軒のコロッケ屋さんとか、伊藤さんと片山さんという文房具屋さんが並んで二軒とか、魚屋さんが二軒とか、お菓子屋さんが二軒とか・・、なぜか同業のお店が結構くっついて、しかもそれぞれ繁盛しているという、なんとも不思議な商店街でしたね・・。
 

地域内移動

 投稿者:宮村霞(管理人)メール  投稿日:2006年10月13日(金)07時34分7秒
  明治屋が交差点並びにあったというのは知らなかったです。これも私が直接知っているわけではないのですが、昔戸塚食品は六本木通り沿い、昔の増田屋さんの並びにあったそうですね。

霞町交差点から墓地下に向かって今もコロッケやさんとして健在な三河屋さんの裏手に、「ウメムラ」というマーケットがありましたよね。記憶が曖昧になってしまっているのですが、当時は田中屋、戸塚と並んでウメムラへも良く親の買い物についていったように思います。

青柳の柏餅美味しいですよね。女将さんがとても知的で楽しい方で、買いに行くとついついあれこれと話し込んでしまいます。

http://azabusaiken.ttcbn.net/

 

おつな鮨

 投稿者:クラーク  投稿日:2006年10月12日(木)08時22分1秒
編集済
  ああっ!! そうですね!!「おつな鮨」は健在ですね!!!  是非また行ってみます!!!!

スウィートポテト、その後、全国のいろいろなお菓子屋さんで作っておられるようですが、本当に、小生は未だ、あの「和泉家」さん以上のものを食べたことがありません。

お饅頭も、「山田屋」さんが来られる前は、やはり「和泉家」さんか、もっと手頃なものでは、「矢島屋」さんか「青柳」さんでしたね・・。

「笄堂」・・懐かし過ぎます・・。  子供の頃を思い出して、少し涙が出て来ました・・。

ところで、先日、あるジャズ・ビッグバンドのCDを買いましたら、ジャケットに「昭和38年頃の六本木」という地図が載っており、それを見ますと、「明治屋」は、当時は、交差点近くの「おつな鮨」の向かい側あたりにあったのですね・・。

確かに、そう言われてみますと、おぼろげながら、そんな気がします・・。
管理人様、皆様は、ご記憶でいらっしゃいますか・・?
 

変わらぬといえば

 投稿者:宮村霞(管理人)メール  投稿日:2006年10月12日(木)07時04分8秒
  山田屋まんじゅうは平成になってから開店した「新参」ですね(笑)。懐かしい味といえば、やはり私も和泉家さんのスウィートポテトでしょうか。あれが食べられないのは寂しいです。

今でも食べられる変わらぬ味といえば、六本木町の「おつな鮨」のお稲荷さんなどはいかがでしょうか。裏返しの油揚げとユズの入った酢飯がとても美味しいですよね。

久し振りに食べたくなってしまいました(笑)。

笄幼稚園も来年でなくなってしまうのですよね。寂しいです。笄堂がなくなった後、笄小の子供達はどこでノートや消しゴムを買ってるんでしょうかねえ。

http://azabusaiken.ttcbn.net/

 

山田屋まんじゅう

 投稿者:クラーク  投稿日:2006年10月11日(水)11時44分22秒
  「山田屋まんじゅう」と言えば、甘いものが苦手な小生は全くダメですが、大の甘党だった亡父のことを思い出します。

十番の「宮川」も、子供の頃、ときどき家族揃って食べに行ったのを、懐かしく、思い出します。

こうして「ふるさと」が変わって行ってしまうのを見ますと、我がままとは知りつつも、やっぱり、寂しく悲しい気持になってしまいます・・。

今でも、昔から変わらぬ味を楽しませてくれるお店(お蕎麦屋さんとか、お寿司屋さんとか、中華料理屋さんとか・・)は、ありませんか・・?

管理人様、霞笄人様、皆様、ご存じのお店がありましたら、是非是非、お教えください!!!
 

こんにちは

 投稿者:宮村霞(管理人)メール  投稿日:2006年10月10日(火)19時13分8秒
  クラーク様、霞笄人様、

こんにちは。クラークさんはお久し振りです。

私も生まれも育ちも霞町で、笄小の卒業生です。今年は開校100周年でしたね。
私の実家はもうなくなってしまいましたが、霞町の山田屋まんじゅう辺りから
だと、まさに六本木ヒルズが南側にそびえてしまい、すごい威圧感ですよね。

麻布の町はあまりにも変化が早く、追いかけるのが大変ですね。麻布十番商店街も、
今年になってからだけでもたいやきの浪花やさん、もともとは追分食堂だった中華の
紅虎、うなぎの宮川など、古いお店が続々と閉店や移転を繰り返し、いよいよ商店街も
ビルだらけになってきてしまいましたね。

ただ、私は変化することを嫌ってはいません。古いものを懐かしく思いつつも、変化
する町を楽しんでもいます。六本木ヒルズが出来て、生活はとても便利になりましたし。

「藪下」の原金の釣堀、懐かしいですね。子供の頃によく通いました。本村町には今でも本村小の裏に釣堀があるんですよ!六本木六丁目の交差点のすぐ脇の桜田町が、ちょっと前まで「百姓町」と呼ばれていたなんて、ヒルズに遊びに来ている若者に言っても分からないでしょうね!

あまりちょくちょく更新ができず申し訳ないのですが、忘れた頃に更新していきたいと思いますので、長い目でお付き合いいただければ幸いです。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

宮村霞 - 管理人
 

レンタル掲示板
/6